ブログ

【厳選!】おすすめ、フリー素材画像・画像サイトまとめ8選【無料】

 

悩んでいる人
自分のサイトで写真を使いたいけどオススメのフリー素材サイトってあるの?

 

その質問、疑問にお答えします!

 

この記事の内容

  • 【無料】フリー素材サイト(画像・イラスト)5選
  • 【有料】フリー素材サイト(画像・イラスト)3選
  • 【注意】フリー素材を使うにあたっての注意点!

 

実際僕がこの1年でブログやyoutubeなどを運営してきてよかったと思うサイトを紹介していきます。

 

おすすめTOP3

 

 

 

【無料】おすすめフリー素材サイト(画像・イラスト)5選

 

メディア

 

無料で使える5選を紹介していきます。

 

 

■ 無料サイト5選

 

 

無料サイト5選

■Canva (キャンバ)

■Unsplash (アンスプラッシュ)

■O-DAN (おーだん)

■ぱくたそ

■Girly drop (ガーリードロップ)

 

 

その①:Canva

 

canva
https://www.canva.com/ja_jp/

 

1つめにCanva(キャンバ)というデザイン作成サイトです。

デザイン作成サイトですがフリーの写真も取り扱っていて、写真のみをダウンロードすることもできます。

 

>>>Canvaの公式サイトを見てみる。

 

Canvaポイント

  • 簡単にデザインが作成できる。(サムネイルやバナー等)
  • フリーのイラスト、写真を無料でダウンロードできる(無料でも種類が豊富)
  • 有料にしないと画像サイズが固定になる。

 

簡単におしゃれな画像におしゃれなフォントを入れてオリジナルで作れたりもします!

 

こんな感じに↓↓

 

イラストにテキスト入れてみた

 

 

canva紹介

写真にテキスト入れてみた

 

テキストを入れるだけでも雰囲気が変わりますよね。

 

>>>Canvaの公式サイトを見てみる。

 

有料クオリティが無料で使えるので超おすすめです

 

その② : Unsplash (アンスプラッシュ)

 

unsplash

 

 

2つ目はUnsplash(アンスプラッシュ)という海外のサイトです。

>>>Unsplash(アンスプラッシュ)のサイトを見てみる。

 

■Unsplashの特徴

 

Unsplashのポイント

  • 写真がメインで風景や人物が豊富
  • デザイン性のあるイラストもある
  • 全て英語のため、英語での検索が必須

 

僕は英語を読むのも苦手だけど、Google翻訳を入れれば見やすくなります。

 

こんな感じで日本語化↓

 

unsplash_2

 

検索する際は英語で検索しないとヒットしてくれないから注意。

Google翻訳に助けられています。⇨ Google翻訳

 

>>>Unsplash(アンスプラッシュ)のサイトを見てみる。

 

綺麗な写真が多いので入れるだけでサイトがそれっぽくなりますね。

 

 

その③:O-DAN (オーダン)

 

o-dan_toppage

 

3つ目はO-DAN(オーダン)という総合画像検索サイトです。

 

 

>>>O-DAN(オーダン)公式サイトを見てみる。

 

■O-DANの特徴

 

O-DANのポイント

  • 日本語の検索が可能
  • 商用利用の可否が検索時に選ぶことができる
  • 40サイトから検索キーワードで検索が可能

 

試しに「イラスト」で検索をしてみました。

 

こんな感じ↓

 

o-danserach

 

日本語検索ができるのがいいです。

 

>>>O-DAN(オーダン)公式サイトを見てみる。

 

 

お目当ての画像が中々見つからないって時にも他サイトと比較できるのでオススメです。

 

 

その④:ぱくたそ

 

pakutaso_toppage

 

4つ目は「ぱくたそ」というサイトです。

 

 

>>>ぱくたそ 公式ページを見てみる。

 

 

■ぱくたその特徴

 

ぱくたそのポイント

  • 日本の風景や人物が中心となっている。
  • プロが撮っているオリジナル作品も全て無料。
  • 高品質な写真が無料のため、写真が被りやすい

 

このような写真見たことがあるんじゃないでしょうか?

 

pakutaso_lady

pakutaso_ male

 

 

日本人のモデルさんが使用できるのはいいですよね。

 

>>>ぱくたそ 公式ページを見てみる。

 

 

ただ、無料高品質のものが多いため他のサイトと被る確率は高いかもしれません。

 

その⑤:Girly drop (ガーリードロップ)

 

Girly drop

5つ目はGirly drop(ガーリードロップ)という女の子による女の子なサイトです。

 

 

>>>Girly drop(ガーリードロップ)をみる。

 

■Girly dropの特徴

 

Girly dorpのポイント

  • 女の子が好きそうなPOPなデザインが多い。
  • 女性向けデザインにしたい時におすすめ。
  • 可愛いデザインが多いため男性向けではない。

 

検索も細かくジャンル設定されているのでわかりやすいです。

 

こんな感じ↓

 

girly_drop

 

女性向けサイトを作りたい時にはおすすめです。

 

 

>>>Girly drop(ガーリードロップ)をみる。

 

 

お目当ての画像がなかった時にリクエストできる点もユーザーのことを考えています。

 

 

【有料】素材サイトおすすめ(イラスト・画像)3選

 

travel

 

続いて有料のおすすめサイトを3つ紹介していきます。

 

有料サイトおすすめ3選

 

 

無料サイト3選

■Canva (キャンバ)

■PIXTA(ピクスタ)

■ShutterStock(シャッターストック)

 

有料その①Canva (キャンバ)

 

canva

 

1つ目に紹介するのは無料でも紹介しましたが有料で個人的におすすめしたいのは断然Canva(キャンバ)です。

 

>>>Canvaの公式サイトを見てみる。

 

■有料Canvaの特徴

 

有料Canvaのポイント

  • 画像サイズの変更や編集が簡単
  • 動画素材や音楽素材もある
  • 価格が他と比べて断然安い

 

 

初回30日間は無料で使えるので試しに使ってみるのもあり。僕は有料を使っています。

 

>>>Canvaの公式サイトを見てみる。

 

これを使うまではphotoshopをメインで使っていましたが、Canvaが使いやすくて移行しました

 

初心者でもプロのようなデザインができるのはテンプレートが豊富だからかなと思います。

あたかも自分のデザインがうまくなったかのような錯覚をしてしまいます笑

 

有料その②PIXTA

 

pixta

 

2つ目に紹介するのは有料サイトはPIXTA(ピクスタ)です。

 

 

>>>PIXTAの公式ページを見てみる。

 

 

■PIXTAの特徴

 

 

 

有料Canvaのポイント

  • 日本最大級の画像サイト
  • 日本で撮影されている素材が多い
  • 写真、イラスト、動画も取り扱っている。
  • 料金が高い

 

pixta料金表

 

PIXTAは国内にとどまらず、海外フォトプロダクションによる有名ブランド素材がダウンロードできます。

 

1枚、数百円で高品質の写真をダウンロードできるがメリットです。

 

>>>PIXTAの公式ページを見てみる。

 

 

有料その③ShutterStock(シャッターストック)

 

シャッターストック

 

3つ目に紹介するのは有料サイトはShutterstock(シャッターストック)です。

 

 

>>>Shutterstock(シャッターストック)公式サイト

 

 

■PShuttersotckの特徴

 

 

 

有料Canvaのポイント

  • 写真だけではなく動画もある。
  • 音楽や効果音などがある。
  • 写真、イラストも取り扱っている。
  • 国内外の優れたデザインのものが多い。

 

shutterstock料金

 

画像10点 ¥3,500/月
画像50点 ¥12,000/月
画像350点 ¥22,000/月
画像750点 ¥25,000/月

 

おすすめは画像50点プランがおすすめです。

 

>>>Shutterstock(シャッターストック)公式サイト

 

 

有料サイト、やはりダントツでおすすめなのはCanva

 

料金もさることながら動画や写真が豊富です。音楽もダウンロードできて月1500円はお得すぎます。

 

>>>Canvaの公式サイトを見てみる。

 

 

【注意!】フリー素材を使うにあたっての注意点2つ

 

attention

 

注意点① 利用規約を遵守する。

 

1つ目は利用規約を守るということです。

 

フリー素材を提供しているクリエイターさんによっては、無料のフリー素材は加工や編集はしてはダメ!などのルールがあったりもします。

著作権を一つ一つ気にかけてやるくらいなら有料を使ったほうがいいです。

 

注意点② 画像サイズを圧縮する。

 

画像をそのまま使用すると、ブログの表示スピードが遅くなってしまいます。

 

そうなるとSEO的にもよくありません。

下記のサイトで画像を簡単に圧縮できるので、やってみてください。

 

 

>>>画像圧縮サイト

 

500KB以下くらいまで画像サイズを落とせるといいですね。

 

まとめ

 

今回はおすすめと注意点を紹介してきました。

クオリティーの高い画像を使うことで読者の方に視覚的にも楽しんでもらうことができます。

 

サイズを変更したりなどは地味に面倒な作業ではありますが、そこは手間を惜しまずにやっていきましょう。

今回も参考になれたら嬉しいです!

 

 

-ブログ
-,

© 2022 ヨジブロ Powered by AFFINGER5