How to カメラ

【F値(絞り)】初心者向けにF値を簡単に解説してみた。F値を知りカメラを上手になろう。


悩んでいる人
最近カメラを買ってみたんだけどF値って言葉を聞きます。カメラをやる上で理解が必要なのかな?私にも理解できるかな?

カメラを買った時は何から知っていけばいいのかわからないものです。

筆者も上記のような悩みをもっていました。でも安心してください。

F値を知ることをは難しくありません。実際に触ってみて、本を読んで理解することができました。

この記事を読むことでF値の理解が深まると思います。

F値ってなに?

F値とは

Fは"焦点"を意味する"focal"からきているそうです。
なのでここでは簡単に F値 = 焦点という意味で捉えておきましょう。

引用wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/F%E5%80%A4

F値の数字について

F値の数字について説明していきます。難しくありませんので一緒に読み進めていきましょう。

F値を簡単に解釈すると下記2点です。

ポイント①

F値の数値が低いほど焦点の合う範囲が狭くなり周りがボケます

ポイント②

F値の数値が高いほど焦点の合う範囲が広くなりボケにくくなります

 

 

厳密に言うと被写界深度も影響してくるので"F値が低いからボケる"ということではないのですが、今は簡単にこのように覚えておくと写真が楽しくなると思います!

後日被写界深度についても記事にしますので、よかったらまたブログに来てください。

 

悩んでいる人
なんとなくF値がどういうものかはわかったけど、どのように使いわければいいのか難しいです。人物と風景でもF値は変わってきますか?

人物と風景でF値は変わってきます。何を撮りたいかでF値を変えていきます。

悩んでいる人
撮りたいものによってF値を覚えるのは大変そう

大丈夫!シーン別に解説していくから一緒に見ていきましょう。と、その前にもう一つだけ解説しておきます。

F値の違いにより、光をレンズに取り込む量が変わる

光を取り込む量はF値によって変わってきます。 F値が低いほど光を取り込む量は増えて低いほど取り込む量が減ります。

わかりやすく説明するために下記の画像を見てみましょう。

レンズが開いているのがわかるかと思います。白い背景がたくさん見えているほうが光を多く取り込みます。

一方、白い背景があまり見えていないのは光をあまり取り込めないため暗い写真に仕上がります。

暗くなってしまい、思った明るさ(露出)で撮れない場合はシャッタースピードISOを触っていきます。

他記事

シャッタースピードとISOの話は違う記事でするとします。



つまりここで何が言いたいのかというと、"F値によって明るさを変える必要がある"ってことです。

悩んでいる人
うわーその設定も難しいですか?


大丈夫です。明るさは本体のオート機能を使えます。SONYであればAモードというのがあります。


F値は自分で設定してシャッタースピードとISOはカメラにお願いします!っていうモードなんだ

他記事

これの詳しい内容は後日記事にしていきます。

ここまでのまとめ

まとめ

・F値は数字が小さいとボケやすく、数値が大きいと広い焦点を捉えることができる。

・撮りたいものによってF値を変える。

・F値によって光を取り込む量が変わる。








【撮影シーン別】F値の使い方の解説

ここではF値によってオススメの撮影シーンを紹介していきます。写真はボケればいいという訳ではありません。

シーンにあったF値を使用することで、自分の思い描いている写真に近づけることができます。

F1.4~F2.8

ボケを活かして主役にフォーカスする。背景がボケることで浮き出て見せることができます。

後ろの緑は観葉植物ですがハッキリとは見えません。※F2.0で撮影

おすすめ活用シーン

  • 人物や物を引き立たせたい時
  • 夜の暗いシーン(F値が低いほど光量を多く取り込めるため)



F4~F5.6

背景の様子も見せつつ人物やモノを入れたい時にこの数字で撮ったりします。

そうすることで、"どこにいるのか" を写真を見ている人に伝えることができます。

観葉植物が見えます。後ろになにがあるのかぼんやりわかります。※F4で撮影

おすすめ活用シーン

  • 人物やモノを引き立てつつ、どこにいるのかを見せたい時。



F8~F11

ボケを出さずにくっきりと風景を撮りたい時に使用します。全体をくっきりと写すことができます。

おすすめの活用シーン

  • 風景をボカさずに撮りたい時。
  • 被写体をくっきりとシャープに撮りたい時



F16~F22

水面をなめらかに見せたり、光の線を表現したりする時に使います。

おすすめ活用シーン

  • 特別な表現をしたい時

 

注意ポイント

初心者の方はこのF値を使うことはまずないと思って頂いて大丈夫です。このF値だとかなり暗くなります。ISOを上げることで撮影することもできますがノイズが乗ります。

シャッタースピードを上げることで光を取り込む量を増やすことができますが、その場合は三脚が必須となります。中級レベルになってからチャレンジしてみてください。

どういう表現ができるかだけ作例で載せておきます。

 

 

 

この記事のまとめ

ここまで見て頂いてありがとうございます。

F値が少しは理解頂けましたでしょうか?もしそうであれば嬉しいです。

F値のまとめ

・F値は"焦点"の意味

・F値が低いとボケて高いと全体に焦点があたる。

・F値を変えることで明るさが変わる。

・F値はシーンごとに変えることで思い描いた写真になる。



では良い写真ライフをお過ごしください!

-How to, カメラ
-,

© 2022 ヨジブロ Powered by AFFINGER5